がばりんちょが言いました!(台湾駐在版)

引き続きゆるゆると更新していきたい

*

ヒーターと温度計を選ぶ

 熱帯魚飼育の適温は26℃なので、26℃に設定できるヒーターを選択する必要があります。
 (ディスカスなどの一部魚種ではあえて30℃に設定することもあります)
 大きく3種類のヒーターがあります。

オートヒーター
 <メリット>
  温度が固定されているので、コンセントを挿すだけで簡単
  温度を間違えて設定するトラブルが発生しない

 <デメリット>
  設定温度を変更することができない
  
 サーモスタットとヒーターが分かれているもの
 <メリット>
  好きな温度に設定できる。
  ヒーターのみ取り換える事ができるので、ランニングコストに優れている
 <デメリット>
  何かの折に変な温度に設定してしまう事がある。
  水槽周りがごちゃごちゃしやすい。
  温度設定ユニットの分初期費用は高い。

 サーモスタットとヒーターがくっついているもの
  <メリット>
  好きな温度に設定できる。
  <デメリット>
  何かの折に変な温度に設定してしまう事がある。
  水槽周りがごちゃごちゃしやすい。
  ヒーターのみ取り換える事ができないので、この中では一番ランニングコストが高い。

ワット数
 ヒーターにはワット数があります。
 その水槽・その水量に適した物を選択する必要があります。
 電気代が気になるー!!といって、それより小さい(30Wとか)ものを選ぶのはやめておきましょう。
 結局温めるまでの時間がかかってしまい、大きな物を使うよりも電気代がかかりますので。

 ざっくりと目安ですが以下のように覚えておけば良いかと。
 小型水槽(20リットル)   50W
 45cm規格水槽(40リットル) 100W
 60cm規格水槽(55リットル) 150W
 90cm規格水槽(182リットル) 300W

公開日: