がばりんちょが言いました!(台湾駐在版)

引き続きゆるゆると更新していきたい

*

水槽の選択と設置

アクアライフを始める為に必要な備品をそろえていきます。
まずは水槽の選択から。

・大きさ
水量は多ければ多い程、水質が安定するのでなるべく大きな水槽がお勧めです。
(焼酎を水で割れば割るほど薄くなるのと同じで、汚れも水が多ければ多い程薄まるので)

色々なサイズの水槽がありますが、これは飼育する魚種とインテリア性で選択すれば良いと思います。
水槽上部・中部・下部・底部と幅広い種を飼育する場合や背の高い水草を植えたい場合は背高水槽を、
エビ飼育のように水槽底部で生活する種をメインに飼育する場合は底面積が取れる水槽を選べばOKです。

ただし、地を這うような水草を育てたくて、かつ背高水槽がいいの!という方は照明の選び方を工夫する必要があります。60cmまでの水槽では高さが40cm以下のものを選択しておくのがベターかと思います。

グロッソ

キューバパール

水槽の大きさと容量は単純に計算して比較するのが良いです。
(実際には底砂やろ過装置、レイアウト用の岩などが入って容量が減ります)

水量は60cm規格水槽では「幅60cm×奥行30cm×高さ36cm=64,800dL=64.8L」と計算できます。

水槽サイズと容積

市場では60cm規格水槽向けの周辺機器が一番出回っており、価格が安いです。
あまり小さいサイズや大きサイズの水槽を選択すると周辺機器の価格は高めになります。

・材質
ガラスとアクリルがあります。

ガラス水槽は傷がつきづらく、長く透明を保つことができるので鑑賞に最適です。
また、一般的に水槽というとガラス水槽を挿すことが多く、安価です。
一方でガラスとガラスをシリコンで接着しているため、シリコンの劣化による水漏れが発生する可能性があることや、
アクリル水槽に比べ重いことが弱点として挙げられます。

アクリル水槽は衝撃に強く、軽い為、大型水槽や大型魚の飼育に適しています。
一方で傷がつきやすく扱いには注意が必要です。
また、価格は高いです。
お子さんが小さく、水槽に対し衝撃を加えかねない場合はアクリルを選択するのが良いです。

次に設置まずは、置き場所を決定します。
設置にあたっては以下の5点が重要です。
1.設置場所が水平で、今後たわむ可能性のないこと

水平を測ります。
水平な場所かつ固くてたわまないところに設置しないと、そのうち水槽が割れます。
出窓・靴箱の上に水槽を置くのはご法度です。時間の経過とともにたわんで行きます。
可能な限り専用の水槽台を使用するのが安全です。

2.水漏れ時階下に影響のないこと
戸建でもマンションでも同じですが、水が漏れだした時、階下に影響の少ない場所を
選択することが重要です。

3.直射日光が当たらないこと
直射日光が当たると水槽がコケむしてしまいますし、
夏場は適切な飼育温度から大きく逸脱して水温が上昇してしまいます。

ある日、帰宅すると愛すべき熱帯魚が全滅!プカプカ浮いてる!!
と言った事態になりかねませんので要注意!

4.水替えに都合が良いこと
水中の生物ですので、水替えをする必要があります。

水替えをするのに不便な場所だと、水替えが面倒になります。
水替えが面倒になると水質が悪化し熱帯魚死亡し始めます。
熱帯魚が死亡し始めると水質悪化は加速し、水槽が荒廃します。
水槽が荒廃すると見ていて楽しくなくなります。
見ていて楽しくなくなると熱帯魚飼育をやめてしまいます。

となると何の為に飼い始めたのかさっぱり分からなくなりますので、
必ず水替えに都合の良いところに設置してください。

5.できれば騒がしくないこと
魚にストレスを与える場合がありますので、神経質な魚の飼育をする・繁殖をさせる場合は注意してください。
玄関やリビングなど、振動、不定期に明るさが変わってしまう場所は避けて、
なるべく同じ環境(振動しない、暗くなったら暗いまま…など)になるようにして下さい。

現在までに飼育した魚種で、そこまで気を使ったことはありませんが、
自分の飼いたい魚がどういった性質なのかは、都度お店の方orインターネットに質問するのが良いでしょう。

6. そもそも耐荷量が確保されている事
一般的な住居の耐荷量は1㎡あたり150Kg程度らしいです。

計算上は90cm規格水槽はセーフだった気がしますが、肝心の計算は忘れてしまいました。探しておきます。

7. 水に濡れてもへたらない材質の上に置くこと
腐ってしまったり、錆びてしまうような物は選んじゃダメです。
水槽は設置すると動かすのも大変!
よく考えて設置しましょう。

いよいよ水槽の設置です。
オールガラス水槽の場合、水槽と台の間にマットを敷くのを忘れずに。
(大抵水槽に付属しているので買う必要はありません)

■ひび割れチェック
 設置が完了したら、早速その他の備品をセットしたい誘惑に打ち勝って、まずは水槽のチェックが必要です。
 設置した水槽に水を入れます。
 その際、周囲に飛び散った水は拭き取っておいて下さい。
 水を張って数時間放置した後、水槽を観察します。
 水槽の周りに水溜りができていなければOK。

 不幸なことに水が漏れているようなら即買ったショップに連絡を入れてください。
 そもそも破損しやすいものですので、水槽に関する初期不良の保障は期限が短いことが多いです。

 因みに水槽に水を張るに当たって、大抵の場合バケツが必要です。
 今後の水替えの事を考えると大中小と3個持っておくと便利です。

 注ぎ口がついているバケツが便利ですが、そうでなくても問題はありません。

■ごみ取り

・目で見えるゴミ取り
ひび割れチェックが完了したら、一度水を抜いてください。
水抜きにはプロホースなどを使用してください。

水が入ったまま手で持ち上げてはいけません!!
水槽がたわめば水槽が割れてしまいます。

ここで、購入時に水槽の内側についている「目で見えるゴミ」がなくなりました。

・目で見えないゴミ取り
一度水を抜いたら再度水を張ってください。
水槽のガラスの接合にはシリコンが使われています。
このシリコンにしみ込んでいる化学物質(詳細不明)を除去します。

これは熱帯魚を飼い始める時に先輩アクアリストから
「これやらないと魚が一杯死ぬよ」と言われてから欠かさずやっています。
詳細が分からずやっているので、省いてもいいのかもしれませんが、
自己責任でお願いします。

また、詳細が分かるかたがいらっしゃったら教えてください。

公開日:
最終更新日:2011/08/29