Mac mini SSD交換したよ

IT関連

こんにちは。がばりんちょです。

Mac mini(2011)のSSDを(今更)交換します

DropBoxと同期したところ容量がいっぱいですよーとエラー表示。

調べたところ「2011年モデル、メモリは8GB、SSD128GBに換装済」というブツであることが判明(先にしらべとけよっていう)

ということで、SSDを換装します。(今更2011年モデルのSSD換装記事書くやつはいないだろう…)

古い機械に投資するのってどうなの?って気もするけれど、普段PCでしていることと言えば、スマホの写真整理とインターネットのみ。多分…違和感なく使えるはず。

Mac mini様(2回目)

買ったもの

日本出張者に買ってきてもらいました。光華商場にも普通に売ってる気はするけど…ほら…めんd(略)

全部で16,700円でした。

1TBのSSD

14,300円。去年の半額になっているイメージ。映像を扱う人でなければ1TBあれば十分っていう人は多いんじゃないか。1万円を切るのも時間の問題に思える。技術の進歩って残酷。

特殊ネジドライバー

1,200円。マイナスドライバーだけでは開けられないらしく。(…どうしてか実際に使ったのはドライバー2本だけだった)

念のためのSSDケース

1,200円。何かあった時のためのケース。何もなかったら今Mac miniについているSSDの墓場になるのだ、ぐははは。(買っておいて良かった…)

いよいよSSD交換!

自慢じゃないけどMac初心者なわけですよ。ファッションマカーですらないわけですよ。ディスクユーティリティを使うとか色々説明を見てもピンとこない。

Macは内部にリカバリ領域があるからSSDを物理的に換装して「Command + Rを押して起動」で工場出荷状態に戻る…という説明が一番簡単そうだったので、今回はこれで。

裏蓋を開けて、色々ネジがあるのでかたっぱしから外します。

この端子は悩んだ。そっと上に引っ張ると取れる。変な方向に引っ張ったら試合終了していた可能性大。

このプラスチックが外れればSSDは引っ張りだせる。ファンの風が出る口を潰さないように引っ張り出す。

SSD交換。外側の黒いビニールはショート対策??そのまま移行。

SSDネジ穴付近にマザーボードとSSDをつなぐ端子がある。こんなケーブルとコネクタでつなげるんだなーと言うことに驚く。2つあるから増設もできるのかな。

完了…2個ネジが余った。。。なぜだ…。もう一度分解してみたけれどどこのネジだか全然分からない…。ま、いいか。

「Command+R」
関係ないけど、Macのキーボードのオプションマークは何度見てもどうしてそのデザインにしたのか違和感がある。

なんでか途中でこのSSDのフォーマットじゃセットアップできねーよ!と言われ、SSDケースに取り外したSSDをくっつけてOSを起動。ジャーナルなんちゃらでフォーマットし直す。おお、買っておいて良かった。

ということで、無事OSが入った。

容量も1TB認識している。よしよし。

ようやく用意完了。使ってみるとする。ここまでキーボード、トラックパッドと合わせて49,700円の投資。これは…有効活用しないといけませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました