台北市 北師美術館 美少女の美術史展

台湾日記

今日は台北市、台風による停課でお休みでした。前回の停課は空振りで雨も降らずという感じだった記憶ですが、今回はかなりの風と雨。お休みで大正解。日本でも是非導入して欲しい。

さて、先日、北師美術館の美少女の美術史展行ってきました。
浮世絵から現代美術までということで、日本の江戸から現在までの美少女(?というものもある)の絵や像を展示してある美術展になります。

MRT科技大樓站下車、歩いて5分くらいかな。チケットは280元。入り口で荷物を預けて入場です。写真撮影は三箇所からのみ許可で展示粒の写真はありません。インパクトありますねw

2-3階と地下1階の展示。割と余裕のある展示スペースで展示点数はそんなに多くはないんじゃないか?という感じ。個人的なお目当てはRe:ゼロの原画。数あるうちの一つとして、さくっと5枚ほど飾ってありました(せっかくだからもうちょっと見たいぞ)その他K-Onやラブライブのフィギュアなどなど。

ちゃんと調べずに行ったので、台湾の美少女ってどんな?と思っていたのだけど、この美術展は日本の展示会の台湾版(静岡は2014年開催とのこと)の為、展示物は日本に特化していたようです。1日何回か展示物をガイドするツアーもやっているようなので、(訪問した時はちょうど人が集まってるところだった)中国語が分る人は参加したら楽しいかも。

日曜の午後散歩がてらに立ち寄るにはちょうどいいボリュームかなと思います。
2019年11月24日まで!興味ある方はどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました