台北飯 阿城鵝肉

ご飯

阿城鵝肉 āchéng éròu

大家好。がばりんちょです。今日は台北MRT行天宮駅と松山南京駅のの中間地点にある「阿城鵝肉」にお邪魔しました。鵝肉(あーろう)はガチョウ肉のこと。日本ではあまり馴染みがないですよね。台湾名物?ということで、オススメします。ちょうど駅の真ん中ということで場所が良いとは言い難いにも関わらず、行くたびに結構人が入ってます。人気店!今年ミシュランのビブグルマン(コスパの良い料理)に選ばれたらしいですよ。新北市が本店だそうです。

メイン料理はこちら

メインはもちろん鵝肉。「前半身」と「後半身」を注文することができます。(薫製かどうかも選べる)前は脂身少なめのやや固めのお肉、後は脂身多めのちょっと柔らかいお肉になります。どっちも食べてみましたが、両方共アリ!そのまま食べて良し、自由に取れるミソ的な物をつけて食べても良し。2人で食べる場合、お肉とおかず1品を2人で、ご飯とスープ小をそれぞれが頼んで食べると結構お腹一杯になります。これで1人300元くらいなのでコスパ良し!ですね。

阿城鵝肉 鵝肉前半段
前半段 後半段と比べるとあっさりしている
阿城鵝肉 鵝肉後半段
後半段 油っぽくて柔らかい

なお、隠れた(どのブログでもおすすめしているので実は全然隠れていませんが…)名品がこちら。白ご飯…

阿城鵝肉 鵝油拌飯
阿城鵝肉 鵝油拌飯 ガチョウの油がかけてあるんだって

ではなく、白ごはんに鵝肉の油をかけてあります。鵝肉とショウガで食べるのももちろんおいしいですが、このミソを付けた肉をこのご飯と一緒に食べると…あああああ!!!ご飯がススムー!!となること請け合い。超美味いので是非食べてくださいね。必吃。 (もしかするとガチョウ油は人によっては臭いと思うかも…です。今のところ身の周りで食べれなかった人はいませんが念のため)

阿城鵝肉 味噌とタレ
ミソ的なにか。お土産としても売ってる。

その他メニュー

阿城鵝肉メニュー

注意点

お店に着いた時、待ちの人がいたらまずお店に入って、人数を伝えます。すると番号を書いた注文票がもらえるので、それをもって番号が呼ばれるまで待機する形です。

お店は近場に2軒あります。1号店(見た目が豪華な方)はビールが飲めます。台湾啤酒、ハイネケン。お酒の持ち込みもできるみたい(別料金)。斜向かいの2号店はお酒が飲めないので要注意(持ち込みもダメ)。お酒を飲むとどうしても長居になるので、2号店の方が回転早め。ちょっと夕ご飯…なら、個人的には2号店でささっと食べて、飲みたいなら次へ!がオススメです。

場所

台北MRT黄色の「行天宮駅」徒歩8分くらい。緑の「松江南京駅」から10分くらい。台北駅から行くなら松江南京から歩いた方が早いかなと思います。

タイトルとURLをコピーしました