CBR250RにUSBをつける リレーの勉強編

バイク

そもそも電気初心者なので、リレーってなに?っていうところから勉強が必要でした。

リレーの仕組み

エーモン1245のパッケージ裏面より転載。リレーからは4色の線が出ている。その青ー黒間に電気を流すと、黄ー赤間に電気が流れます。スイッチの一種…と思っておけば良さそうですね。

エーモン1245裏面のリレーの説明
バイクにUSBポートをつけるときの回路イメージ

今回の回路

ヒューズボックスの中の、キーONで電源が入るヒューズから電源分岐します。

リレー回路の仕組 第一段階 リレー回路に電気が流れる

キーをひねると、内側の回路に電気が通って、リレーの中のスイッチがカチリ。外側の回路に電源が流れ始めるという仕組み。

リレー回路の仕組み 第二段階 電気を流したい回路に電気が流れる

ヒューズボックス接続について

キーONで電気が流れるようにするのであれば、ACC電源に直接USBポートを接続しても同じことができるんじゃないか??と思ったのだけど、安全を考えたらNGらしい。

ヒューズボックス内のヒューズにはすでにいろいろな機器がぶら下がっている。ヒューズの許容範囲以上の電流が流れると、ヒューズが切れて回路が遮断される。こういう回路を作ってしまうと、万が一USBポート回りで電流が流れすぎてしまうと、ヒューズが切れ、ブレーキランプがつかなくなるなど、既存配線に影響が出る。暗い道で突然ヘッドライトが消えたら…と思うと…これは…怖い。

リレー回路の必要性1

リレーをかませておけば、ヒューズボックス内のヒューズにかかる負担は、リレーを稼働させる150mA(エーモン1145の場合)になるので、USBポートを直結するよりもよっぽど負荷がかるくなる。さらに、USBポート回りで電流が流れすぎても、回路が独立しているのでブレーキランプには影響がでない。

リレー回路の必要性2

※今回は上から二つ目のヒューズを入れ替えるので、万が一ヒューズが切れるとライセンス灯、尾灯、ポジションランプ、制動灯、ウインカー、メーターが動かなくなる。最悪ぶっとんでも大丈夫そうなヒューズから電源を取らないとダメ。ヘッドライトとエンジンを止めるわけにはいかないから…やっぱり二番目が無難なのかなぁ。と。

CBR250R ヒューズボックス

さて、仕組みが分かったところで、次回、カウルを外す。

USBポートをつける 記事一覧

—————————————————————————-
2017/10/14 以下を修正しました
・回路の絵にヒューズを追加、ヒューズ選定方法について追記
・ヒューズボックスの図を修正
・その他、細かい文章の修正

2019/09/30 エーモンの1245は3235に型番が変更になりました
—————————————————————————-

コメント

タイトルとURLをコピーしました