台北駐在 電化製品持ち込みの注意点

台湾製忠騰扇風機台北駐在まとめ

こんにちは。がばりんちょです。

がばりんちょ
がばりんちょ

日本から台湾に電化製品を持って行く際の注意点について書いておきます

台湾と日本の電圧の違い

台湾は110V、日本は100Vです。なので、原則として日本の電化製品は台湾では使えません。 んが、ネットを見ると問題なく使えた報告多数。私自身も普通に使っていました。

使用に問題のない電化製品

電化製品の裏をチェック。100V-240Vと書いてあるものは台湾で使っても日本で使っても大丈夫。

ノートパソコン

ノートPCは日本から持っていきました。LenovoのT460s。4年前?そろそろ骨とう品になってきたかな…。T460sはさすがにもう売っていないので別のものを…。

スマホの充電器

スマホの充電器。スマホの充電器はほとんど全部大丈夫じゃないかな。

電動歯ブラシ

フィリップス ソニッケアーとパナソニックのドルツを持ち込みました。

電動シェーバー

フィリップス 9000シリーズ。1年前のモデルが安くなっていることが多いので、持ち込む方は探してみてください。

使用にリスクのある電化製品

問題は100V専用と書いてある電化製品。以下の電化製品は100V表記。日本から持ってきたものを2年間使って、結果として壊れませんでしたが、コンセントを挿して家を留守にするような電化製品(ロボット掃除機とか)の場合は注意が必要…かもしれません。

使用はくれぐれも自己責任でお願いします

電気ポット

ティファールのヴィテス。電熱線を使っているような製品(ドライヤーとかヒーター)は電圧が違うと壊れやすいと聞いていたけど、壊れたら壊れた時で…ということで、持ち込み。…持ち込んだもののカルフールで普通に売ってました。持ってくる必要なかったな…。

ルンバ

ルンバ780。台湾で探したら16,000元~と高かったので日本で中古を購入して持ち込み。裏ブタには100V対応とばっちり書いてある。いろいろ調べてみると、表記だけ100Vで、中身は100V-240Vらしいというブログを発見。分解して見たけどよくわからず。とりあえず持って行って使ってみた。世界で売っているモデルは100V-240Vと記載されたACアダプタが付いているそうなので、心配ならACアダプタだけ購入する手も。電池はニッカド水素電池なので飛行機持ち込み可能です。

今ならルンバ e5がいいと思う。

大家さんが用意してくれた掃除機。紙パック式、久しぶり。

ちなみに 台湾で売っている扇風機は、小径のもの大径のもの関係なく羽音がとても大きいので、先輩は日本から扇風機を買って持ってきていました。 寝るときに付けたい。音が気になる!という人は扇風機は持って行ってもいいかもしれません。

扇風機。風切音は口径と関係なくうるさい。

ただし、110V対応していない電化製品の持ち込みは自己責任で

それでは、がばりんちょが言いました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました