CBR250RにUSB ヒューズ追加

バイク

こんにちは。がばりんちょです。

がばりんちょ
がばりんちょ

Honda CBR250Rにスマホ充電用のUSBポートを後付けした時のメモを全4回で紹介しています。今回は過去記事に+1。知恵袋で回路にヒューズを追加したほうがいいのでは?と指摘頂いたことを記事にしてました。

知恵袋デビュー

友人より「ついに知恵袋デビューだな!」と連絡が入ったので、熱帯魚の機材レビューの引用かな?ワクワク♪と覗いてみると

「このブログ記事の図にはヒューズがついていないが問題はないのか?」との質問と、「スイッチと電源を逆に考えているようだ。バッテリーとリレーの間にヒューズの追加が必要」という内容で回答が。ががが。

バイクのUSB電源取り付けについてです。
バイクのUSB電源取り付けについてです。このサイトではリレーの赤線とバッテリーのプラスとの間に10Aヒューズボックスが入っていないのですがこのまま接続しても良いのですか?

プラスの配線にはヒューズを!

バイクは車体のフレームがバッテリーのマイナスと同じ役割を果たしているので、マイナス側の線がどこかに触れても問題は起きない。

もし、バッテリーのプラスから出ている線が、なんの抵抗も(USBポートなどの電気を使うもの)ないまま、車体のフレームなど、マイナスの線側に触れると大量の電気が流れて、配線や電気が流れた部分が発熱、最悪は発火につながることもあるとのこと。

特にバイクは、乗車時の振動や、事故時の車体の歪みで配線が外れやすく「バッテリーから出るプラスの配線のにはバッテリーの近くにヒューズを入れる」のがお約束らしい。

USB充電は約2年間特に問題なく動作していて、回路の間違いは全く疑っていなかったのでびっくり。記事を読んでも、何がまずかったのか今一つ分からなかったので、何かまずいのか友人に聞いてみたところ「配線自体は問題ないけど、バッテリーのプラスから出ている線にはヒューズをつけた方がいいね」と知恵袋の中の人と同じ回答。

図を分かりやすくした

さらに、知恵袋上では「図がわかりにくく、誤解を産みやすい」とのコメントも頂いた。

友人曰く、青の線(スイッチ)上にヒューズがあるが、今の図では「ミニ平型ヒューズ電源」にくっついていることが分らないので、赤の線(バッテリーのプラス)と青の線を間違っていると捕らえられて当然とのこと。…とほほ。

ヒューズを追加した回路

ということで、修正後はこちら。過去記事も以下の図に修正しました。

今まで記事を見て参考頂いた方が、もしまたこのページを見てくれたなら、安全のためにバッテリーのプラスから出る線にヒューズの追加をお願いします

CBR_USB_Cor
こちらが正しい回路

ヒューズの足りない回路(ダメな例)

修正前後を明らかにすることと、これは間違いの例(体育教師風)を分かりやすくするために旧回路の絵も載せておくけど、こちらは参考にしないでくださいませ…。

リレー回路 ヒューズが足りない例
これは間違いの方

ヒューズの容量選定

前回記事を書いたときに疑問のままにしてしまったヒューズの容量選定についても教えてもらったので記載。

今回、電源くん4には2.1A充電できるUSBポートが2ポート、電源くん4の消費電力は5V x 4.2A =21W。バッテリーは12Vを給電するから、21W÷12V=1.75A。
バイクのキーオン時に少し多く電流が流れることがあるので、これに若干の余裕をみて5A程度をつけておけばOKとのこと。
電源くん4に3.15Aのヒューズがついていても問題ないことも理解。

またひとつ賢くなりました。

知恵袋で質問した方、回答された方、知恵袋に載っていることを教えてくれたO氏、夜中にも関わらず初心者の質問に回答してくれたM氏、T氏に感謝。本件に限らず、他にもおかしな部分はあるかもしれません。記載内容の間違いや疑問点がありましたら、コメントか問い合わせフォームでお知らせいただけたら幸いです!

USBポートをつける 記事一覧

それでは、素敵なバイクライフを。がばりちょが言いました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました